• comasaya

自分を受け入れる〜レディナダ〜

更新日:2月10日


Libraryでは、カテゴリー別に店主のシェア記事を投稿しています。




今回は、B52レディナダについてシェアします。

レディナダはアセンテッドマスター。

ペールピンクの美しさが際立つボトルです。

このピンクのボトルは、 個人的にも思い出深いボトルです。


わたし、ピンクが大キライでした!



(本文より一部抜粋)



ピンクは、レッドに光が強く入ったもの、

レッドに意識が強くなったものと解釈されます。

レッドといえば、怒り。

ノー‼️という強い排斥のエネルギー。

この状態が強烈になると、転じて 他人ではなく自分自身にノー‼️と言い出します。

自分自身に愛を注げない状態、 自分を受け入れられない…

ゆえにピンクは自己愛、自己受容がテーマになります。

わたし、ホントにピンクが大キライでした。

勝手なイメージですが、

ピンクを好む女子って どこか他人に媚びている、ズルイ感じがしたんです。



初めて使ったレッドのボトルは、 どうにもウン◯の匂いだったし 苦笑

ピンクのボトルなんて一生選ぶわけない、 とさえ思っていました。

これ、私の内面の現れ…だったんですよね。



☆続きはLibraryで。


 

色の持つエネルギーの不思議、ボトルの持つテーマについて

わたしの視点からの考察、体験談をシェアしていきます。


月会員限定Libraryでご覧になれます。




☆Aquarian Meetingにご参加ください。




Library(月会員様限定)同様の内容でnoteのマガジンでもご覧いただけます。


閲覧数:17回0件のコメント

最新記事

すべて表示