蟹座満月を迎えて

更新日:2月10日



大変ご無沙汰しています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?


あっという間に、冬至、年末年始が過ぎ去り2022年を迎えました。


いつも通りであれば、年末年始のお礼や挨拶をしなくては、と

慌ただしく過ごしていた年の瀬でしたが、

今までに例がないほど、ゆったり、まったりと、お正月休みを過ごしました。



特段、例年と何も変わってはいないんです。


見える形で、何かが変わったわけではありません。



ご存知のように、以前から精力的に活動していたわけでもないので(苦笑)

なんなら昨年の年末年始なんて、某流行の風邪を理由に1ヶ月以上休業してましたし。



まるで変わり映えはないのですが、

特筆すべきことといえば、「サロン店主」という肩書きを取り去ったこと。


たったそれだけで、なんの制限もなく、心軽やかに暮らせたのですから驚きです。



この記事を読んでくださっている方も、色んな肩書きや、表向きの顔を持っているはず。


忙しく働いている方なら、職場での立場もあるでしょう。

子育て世代の方なら、母の顔、妻の顔、長男の嫁として・・・・などなど

あげればキリがないのですが、

環境や属しているコミュニティに応じて、様々な顔を演じているはず。


もしかしたら、表向きの顔や、肩書きに捉われるあまり、

制限の中でがんじがらめになってはいませんか?

私たちは、本来の自分を揉み失ってしまうほどに、

世間体や肩書きといった外圧に影響を受けています。


無意識って恐ろしいものですね。




前置きが長くなりましたが、そういったわけで、こまさやの新しい形を模索中です。


「ヒーリングサロン」として、いつでもどなたにでもオープンに構えるのではなく、

もっとわたしの求める形、理想の形を追求していこうと考えています。



もっともっとバイブス重視の場の提供をしてみたいのです。




きっと、この記事を見てくださっている方は、

わたしが発している”何か”に共鳴してくださっている方々だろうと推測します。


わたしが発する言葉だったり、エネルギー的なものを

何かしら感じ取ってくれていると思うんです。



これまでのわたしには、

「誰かに何かを与えなければ自分には価値がない」という思いが根底にありました。


ずっと自分の価値を見出すためのアンパンマン劇場をやり続けていたのです。

(詳しくはnoteのマガジン「航海日誌」をご覧ください)



もう、アンパンマン劇場は卒業することにしました。


”本当のわたし”が魂から望んでいるものは、

自分の存在価値を認め、高めあえる仲間との心地よい場創り。




わたしの”好き”をもっと表現していきたい。


わたしの”クリエイション”をもっと追求していきたい。


ご縁ある共鳴する方との出会いから、いわばセッションの場を創りたい。




音楽好きな方ならわかるでしょうか?


わたしの大好きなブルースのライブセッションでは、

必ずと言っていいほど、アドリブで自由に掛け合いをする時間があります。

そこでの時間を味わった方なら、

きっとわたしの伝えたいことを理解していただけると思うのですが。



譜面もないし、制限もない。

そこで交わされるエネルギーの交換は、その場のライブ感、バイブスとして、

演者だけでなく見ている側にも伝わります。


あの感覚は一部の人だけが感じる特別なものではないし、

それこそ日常的にあってもいいと思うのです。



一見すると、やっていることは、おそらくこれまでと変わりません。

対価としてのお金もいただきます。


時代は変わるとは言え、いわば”地の時代”のgive&takeの価値観までがまるっと変わるのは

まだまだ数百年はかかるでしょうから。今はこの形が自然。


お金に対する”汚いもの”という価値観も変えていきたい。

お金だって夢を叶えてくれる大切なエネルギー。



こういったベースにある意図や、わたしの意識が変わることで

どんな変化や錬金術が起きるのか?実験的にやっていく所存。



考えてみただけでワクワクしています。



といったわけで、さっそくLibraryを再稼働していきます。



チャクラワークの記事も完結したいし、

生命の木のパスワーク関連の記事もLibraryに残していきたい。



気まぐれですが、不定期でスタエフでの配信も始めてました。


わたしにとって、アウトプットの場があることは重要です。


元ヒーリングサロン店主が見てきた

いわゆる”スピリチュアルな世界”のアレコレについてお喋りしています。



わたしの個人的嗜好が詰まった限定配信とミーティングも再開しました。

気ままにお喋りしています。よかったらお付き合いくださいませ。








もっと心地よいエネルギー交換の出来る場、

枠に縛られず、制限もない形を

手探りではありますが模索していきたいと思っています。



2022年ご縁のある方へ。




今年のわたし、羽が生えてます(笑)




Love&Light

comasaya.

田中しょうこ





閲覧数:44回0件のコメント

最新記事

すべて表示