自分を知るって、楽しい 〜チャクラワークのすすめ〜

更新日:6月7日




わたしが続けてきた、ボトルワーク、チャクラワークなるものって

ナンジャラホイ?という疑問を感じている方へ。


そしてちょっぴり興味がある方へ。


まずは基本のき、自分のことを知ることから始めてみませんか?

というご提案です。



自己探求って、取説のアップデートみたいなもの。


アイフォンだってパソコンだって、

最新バージョンにアプデしないとすぐにバグるでしょ。



突然バグったり、動作が鈍るようなことが

日常的に起こってはいませんか?



何か心当たりがある方は、

ぜひぜひ次のチェックシートをチェックしてみてください。










チャクラって??



大気中からプラーナを取り込み、体から不要なものを排出している

エネルギーのポイントになります。

チャクラはサンスクリット語で車輪を表します。

クルクルと回転扉のように、開いたり開いたりしているイメージです。




プラーナって??


プラーナとは、いわば元気の「気」。


臓器を動かしたり、血液を流したりすること、生命活動維持のために取り込む必要があり、すべてがプラーナを使っています。

地球および宇宙の無限エネルギーで、呼吸や食事、愛情行為(セックスやキス)で取り込むことができると言われています。

チャクラは、そのプラーナを取り込むためのポイントです。




チャクラは閉じたり、開いたりしている


チャクラは要らないものも吐き出しています。

そのため、開いたり、閉じたりしています。


チャクラバランスが崩れた状態だと、扉の開け閉めが適度にできる状態にありません。

完全に閉じていると、排出もできないし取り込むことができず、

開きすぎていると、エネルギーを留めておくことが出来ないので

良いものまで全部外に漏れ出してしまうことになります。




プラーナが不足すると



私たち現代人のほとんどはチャクラが閉じている状態です。


チャクラが閉じてしまっているために上手くプラーナが取り込めないので、

呼吸で取り込もうとします。

チャクラが閉じている人は呼吸が早く荒いです。


さらに取り込もうとして、とにかくすごく食べます。

プラーナで満たされている食事は、少量でも満たされます。


また愛情行為、セックスやハグでも取り込もうとします。

枯渇している、満たされていない状態だと過剰行為に走ることになります。


「わたしは満たされていない」

「わたしは不幸」

「何かが足りない」

こんな風に思うのはプラーナが足りていない、枯渇している状態です。





なぜ、チャクラが閉じるのか?

大きくは過去生の魂の傷、前世から引き継いできたもの、

幼少期のトラウマ、母親との関係、生まれた土地の性質などが要因となっています。


第3チャクラ、第5チャクラが閉じやすいのは日本人の気質、土地のエネルギーによるものが多く、特に東北人は第5チャクラが閉じやすいと言われています。



とはいえ、


チャクラが閉じていることは当たり前のことです。


全然落ち込まなくてOK!


それは人それぞれの個性。


つまり、

そこに可能性がある!ということなのです。

人はみんな一人一人違った個性を持ち、不安定な存在で、それが人間の面白さです。

自分を否定することではない。


全ては循環です。

大切なのはバランスで、チャクラは自分の内なる統合、調和を学ぶための

指針になるようなものと捉えています。




詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。


ブログまとめ記事

https://note.com/comasaya385/n/n624ff94227b3?magazine_key=m1745e57c0a4c







心地よさを整える 〜第一チャクラ〜

目覚めて生きるってどういうこと!? 〜第7チャクラ〜

 





ブログ、Library記事の閲覧はこちらから。






閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示