自分を愛していない時は、誰もあなたを愛さない







自分を愛していない時は、誰もあなたを愛さない。


この痛烈なお言葉は、敬愛するマドモアゼル愛先生のご著書 「自分の素晴らしさに気づいていますか」の一説。



自分の素晴らしさに気づいてますか (単行本)
Amazon.co.jpによる

詳細はこちら: https://www.amazon.co.jp/dp/4837928641/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_JRCVN282M9QXCZ9YZXA7





周囲の出来事を観察、考察する中で思うことは、


自分のことを受け入れてない人ほど、

他人から愛されたい、もっともっと愛して!って

外側からのわかりやすい承認を求め続ける。

これね、過去のわたしだ。

そんな恋愛ばっかり繰り返してたな。

滅茶苦茶自分勝手で理不尽な愛情の確かめ方をしていたと思う。

(遠い目・・・)

自分のことをどれだけ大切に思ってくれているか?

相手から受け取ることでしか、

自分の存在価値を見出せなかった。

「きっと思い通りにしてくれるはず!」という淡い期待を勝手に抱いて、

思い通りにいかない、満たされない思いを

感情のままに相手にぶつける。

(またしても遠い目・・・・苦笑)

匂わせや淡い期待は、結果的に自分が傷つくことになる。

残念ながら、テレパシーは使えないんだよね。

報われることのない一方通行の無限ループだった・・・

相手の気持ちを100%察することって難しいし、

相手に期待することほど期待通りに返ってきた試しがない。


求められてもいないのに、自分勝手に与え続けて、

与えたんだからそれ以上で返してよ!って

踏み絵のようなものでがんじがらめにしてた。

正直、

そんな恋愛に疲れ果ててしまって、

はたと気づいた。

枯渇してたのは、

自分に穴が空いていたからだった。

愛の言葉を言い続けるとか

プレゼントを送り続けないといけないとか。

誕生日や記念日がなければ続かない関係性って

今となっては不自然としか思えない。

条件付きでなければ他人を愛せない(信頼できない)ことほど、

哀しいことはないと思う。

その条件が踏み絵のようになり、

ハードルが高くなればなるほど、

人の心は離れていくし、

常に自分に弁解し続ける人生になっていくのではないかと思う。

若かりし頃のちょっぴり苦い思い出。

(またまた遠い目・・・・)

ありのままの自分で生きることって難しいのかもしれない。

傷ついたり、凹んだり、低空飛行の日だってあるけれど

それでも私は、

そんな自分を受け入れ、隠さず偽らずに生きていきたい。

そんな風に思えるようになって


やっと、


家族や大切な人たちからの

絶対的な愛情と安心感を日々感じられる様になった。

愛犬から伝わってくる絶対的な安心感。

動物からも感じるのだから、言葉なんかいらないよね。



大切なのは、どんな自分でも認め受け入れること。

そして何より

自分が自分を愛することなんだと思う。


以下、愛先生のご著書から一部抜粋します。



ありのままの自分を大切にしてください ありのままのあなたをいいと思ってくれる人、あなたでなくてはイヤだと思ってくれる人・・・そういう人は必ずいます。ただ、それを自分が信じられないから、おかしなことになってしまうのです。(中略)「人とは違うのよ!バカにされたらイヤ!」などと間違った考えを起こして、ヤケにつっぱったり、対抗的になったり、ブランド品を身につけるなどして、自分が凄い人間かのようにふるまいたくなったりします。(中略)もとを正せば、「ありのままの自分では通用しない」という、間違った考えを身につけてしまった結果と言えるでしょう。(chapter6 「自分を愛せない人は誰からも愛されない」より


うわべだけの心の安心を求めても どんなに愛されても「本当だろうか・・・」と不安で仕方ないという人がいるものです。そういう人は心の奥に、「自分なんか愛されっこない」といった不安を抱えているのです。そのため、実際には愛されているのにそれに気づかないのです。そして拒否されることばかり恐れて、逃げ道をつくったりしがちです。(中略)自分に自信がないために真の愛には気づかず、うわべだけでも立ててくれる相手や、調子良い言葉でおだててくれる相手のほうに、心の安心を見出すのです。(chapter3「他の人のようになろうとするから、あなたは疲れる」より)
友人が離れていくようで不安な時 (中略)「誰もいないと自分が寂しくなるから・・・」私たちが友人に求める動機はいっぱいありますが、自分の安心のために友人を求めると、私たちは反対にいつも不安を感じてしまうのではないでしょうか。「自分を裏切らない友人」を求めたら、いつもその友人の真意をチェックしたくなるでしょうし、第三者の友人が入ってきたりすると、気を使って不安になるかもしれません。(chapter3「他の人のようになろうとするから、あなたは疲れる」より







閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示