心地よさを整える〜第1チャクラ〜






わたしは色の勉強をしながら、チャクラワークなるものを実践してきました。

その振り返りをしつつ、最新版にアプデすべく投稿をまとめています。




そもそも、なぜにそんなワークを始めたのかというと、




何だかモヤモヤする、


何だかつまらない、


何かが違う気がする・・・



といった無気力感、停滞感からずっと抜け出せずにいて、



モヤモヤした感情を無視続けた結果、

わかりやすく体調不良がやってきたからだった。




そんな時、天の計らいか 「自分を知る」「自分を癒す」出会いがやってきた。



いわゆる、スピリチュアルな学び。




勘違いされやすいのだけれど、


スピリチュアルな学びっていかがわしい、不思議なことでも、

怪しさ満点の魔術的、サイキック的なことではない。



そういうわたし自身がずっと斜めから見ていたのだけれど。






結論から記すと、


いかに自分に目を向けて、自分本来の自然な力を取り戻していくか

ということなんだと思う。



そんな簡単なこと!?って思うかもしれない。



ところが、なかなか一筋縄ではいかないもの。



まずは、


「偽りの自分」を認めなくてはいけない。




重ね着してきた分厚い着ぐるみを剥がしつつ、

オエ〜っと嗚咽しながらも進む。



そのくらい、


わたしにとって自分らしく在ること、

自分軸で生きることって難しいことだった。



そもそも、自分らしさって何??っていう壁にぶち当たる。



正解もマニュアル通りの答えもないものなので。





これがわたし!


これが自分軸!




そう信じて疑わなかったものが、

他人のものだったと気づいてしまった時の驚愕、脱力感。

いわゆるスピリチュアルな学びを通じて、

わたしに一番にやってきたのはこの感覚だ。




親やパートナー、育ったコミュニティからの影響をどっぷり受けて

それがほんとうの自分だと思い込み、疑うこともなく大人になった。



それでも、


偽りの自分に気がつかないまま

自分の感覚を無視し続けてきた結果、



いつの間にか着込んだ着ぐるみがムクムクと巨大化してしまって

身動きが取れない状況にまでなった。





結果、苦しくなって体の不調が起きた。




そんなわたしが、


ムクムク巨大化した着ぐるみを一枚一枚脱ぎ、


実践してきたことをまとめてみました。





特別なものでも、不思議なものでもなんでもなくて



そのほとんどは、



え!?そんなこと? もうやってるし!って、正直思うものばかり。




それでも悪戦苦闘したのは、

慣れ親しんだ癖はそう簡単には手放せないものだから。




ゆっくり時間をかけて向き合っていくからこそ、

見えてくるものもありました。




チャクラって一体なんぞや?という疑問にぶつかりつつ、


怪しくないの?大丈夫??


という不信感と闘いつつ進んできた「ほんとうのわたし」に戻るための旅の記録です。



何か気づきのきっかけになれたら幸いです。




記事の続きは…

www.comasoma.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む
閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示