報われない愛〜第2チャクラ〜







それはまるで失恋の痛みだった。



笑われるかもしれないが、

大失恋をした時ほどの痛みと衝撃だった。




ある日突然に、大きな気づきがやってきたのだ。



何年も抱えていたもの、


もしかしたら?物心ついてからずっと抱えてた!ものを放り出した。



それは、



「与えなければ受け取れない」という思い込み。




それまでのわたしは、

パートナーとは同じ方向を向いていなければいけないし、


相手に同調することが優しさだよね、


という思い込みに支配されていた。

わたしの中のものすごく堅固な思い込みだった。



求められてもいないのに先回りして、


必要以上のことをやっては



それ相応の対価のもの



感謝されるとか、認められるとか



勝手に期待しているものがやってこないことに不満を抱き、

愛されていないと不安になる。




その繰り返し。

実のところ、



愛情をかけているつもりが、実は愛されたいだけで

すごく依存していた


という驚愕の事実に気づいてしまった。



仕事であれパートナーシップの問題でも、問題がなんであれ、


意のままにしようと躍起になるほど空回りしてしまうもの。





ただ見守る



手を出したがりのお節介なわたしにはこれがなかなかの苦行。


本当の愛ってそこなんだろうな。




大きな喪失感を覚えて、勝手に傷心のわたしは



「どうせ、人は一人で生きてかなくてはいけないんだ!」と

半ば自暴自棄になり、拗ねてふて寝してる状態が続いていた。


そんな時、

たまたまつけていたテレビからメッセージが降ってきた。



『シアワセって1人では感じられないもの。

誰かとわかちあって、はじめて感じるものなんや』


というセリフ。





わかちあってこそ得られる



確かにそうなんだよね。



要らぬ人間関係のしがらみを断つべく、


山の洞窟に一人篭ったとしてもきっと満たされはしないだろう。




わたしたちは、この世界に生きている以上、

誰かと関わって生きていかなければいけません。



生まれてからこの方、たった一人で生きてきたという人はいないでしょう。


人間関係の中で様々な感情を味わったり、経験を重ねながら成長していくもの。




もちろん、

味わえるのは苦しみだけではなく、

悦びも分かち合うからこそ何倍にも膨らむもの。



一人で生きていくのは、



つまらない!




なぜに?


こんな依存と執着癖がついてしまったのか???




どうやら、この人間関係における問題は幼少期の経験が影響しているらしい。




ずっと見ないふりをしてきた「過去の闇鍋」と対峙する時が来たようだ。






腹を括るかーーー。




今までのやり方は捨てて、とにかく流れにゆだねてみよう。



そう意を決して、


わたしの最初の難関「報われない愛」の闇鍋と対峙したのでした。


記事の続きは…

www.comasoma.com を定期購読してお読みください。

今すぐ申込む
閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示