チャクラの整え方

Library記事を更新しました。



チャクラワークを更新しています。


以前、クライアントさんに


「チャクラが見えるという人に、気持ちを不安にさせるようなアドバイスをもらい、どうしたらいいかわからない」


という相談を受けたことがあります。



前回の記事にも記しましたが、

わたし自身もスピリチュアルジプシー時代、


心酔していたヒーラーさんに


「第二チャクラが真っ黒だよ!」と言われて深く傷ついた経験があります。




そこから程なくして、


良き仲間と師匠に出会い、

オーラソーマの世界を通して

チャクラや見えない世界のことを学んできたわけですが、



今となっては、ぎゃふんと感情を揺さぶられたことが、

自分自身と向き合い、学びの旅へと向かう一つのきっかけとなったわけで、

ほんとうに感謝でしかないです。



つまりは、

起こる出来事はすべて起こるべくして起きていて、

何かに気づかせるためのメッセージやきっかけにすぎないのだと思えるようになりました。



嫌な出来事、感情が揺さぶられる事象ほど、

神様からの大きなギフトなのかもしれません。



目に見える世界をどんな風に捉えるかで全く違った世界がそこに広がります。


一見、不幸な出来事でも

自分の成長や学びのために必要なことかもしれない。



それを引き起こしているのすらも、自分自身だとしたら?


どんな仕組みで動かされているのかはわかりませんが、

目に見えない世界のことの方が、実はよっぽど重要なんじゃないかって思います。




チャクラが真っ黒だと言われた時はだいぶ傷つきましたが(苦笑)


「真っ黒」は表現の一つだったわけで、

わたしが全力で拒否っていたからこそ、イラッとしてしまったのでしょう。



実際、自分がチャクラワークをしてみて、わたしのこれまでの人生を振り返ると、

第二チャクラのテーマが色濃く横たわっています。




自分自身の性格や性質を知ること、受け入れることなくして

人生のアトラクションを楽しむことはできません。



そのための、

”自分の取説”を知る要素として用意されているツールの一つが

チャクラを知ることであって、

ポピュラーなのは星読みだったり、姓名判断のような占術なのかな、と思ってます。



見えない世界を取り扱っているだけに、

不思議な、訝しげなものだと色眼鏡で見られやすいですが、


アトラクションやゲームを楽しむための攻略本を手にした方が

断然、やる気も進む速さも変わってくるわけですから。




本当の自分を知ること、受け入れることはちょっぴり怖いです。



最初の一歩は腰がひけててカッコ悪いかもしれないけど(笑)

勇気を出してドアを開けてみる。


臆せずに、思いっきり変化を楽しみたい。

それがわたしのやり方です。




今までのわたしの攻略本的な(笑)記事をまとめてます。


Libraryの閲覧はこちらから。











閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示