• comasaya

【私的考察】心地よさ、感じてますか?


コンサルテーションの中で、エネルギーの循環の例えを

カップの例えでお話をしています。


私の説明不足で、誤解されている方もいるようなので

こちらにも記しておきたいと思います。


 

ガソリン切れでは車は走り出せないように、

私たちもエネルギー切れでは動けません。


私たちがカップだとして、

自分の器に穴が空いている状態ならば、それを自覚し、補修する。


そして、カップに水を満たす=エネルギーをたっぷり注ぐ。



つまり、自分に愛を注ぐこと。 わたしは、これこそがオーラソーマの要だと思ってます。


とはいえ、

カップに汚れた水が入ったままでは、


いくらキレイな水を注いでも汚れてしまいます。

カップの底にこびりついたヘドロは

過去の感情や、思い込み、執着しているもの・・・・。


そういったものは、吐き出してスッキリしたほうが

滞りも無くなるので、より純度の高いエネルギーが流れはじめます。 そんなお話をふまえて・・・ カップの中の古い淀んだ水(感情)を出し切らないうちに

 エネルギー(好きなこととか)を与えてもいいのでしょうか?」



といったような質問がきました。


スタエフで私なりの回答をしています。


https://stand.fm/episodes/616f70a926ae8c0006b4cce4


元気が出ない状態を放置したまま、

過去のしがらみやら負の感情に向き合い続けるって

苦行以外の何ものでもないですよね。


もしかしたら!?

修行僧のような生き方がしたい!っていう方は


楽しいって思えるのかな?? うーーん、よくわからないです(苦笑)


そもそも、

すべてがクリアになることってあるのでしょうか?

凡人の私にはよくわかりません。



仏陀とか、キリストレベルだったらあるのかな??

ちょっと想像出来ないです。ごめんなさい。 ボトルを使っていると、 モヤモヤした感情が出てくることがあります。

ボトルは自分自身を映し出す鏡なので、

実際にボトルの中にモヤモヤしたものが浮上してきて

視覚的に見せてくれたりします。


そのモヤモヤが消えるまで、すべてクリアになるまで

自分自身に愛を注がないってこと???


・・・・私なら、 エネルギーが枯渇した状態のまま、

苦しい修行を続けることを望みません。

なぜって、すべて「心地よさ」が判断基準だから。

自分が心から楽しい、心地よいと感じることにしか興味がないんですよね。 大切なのは、自分が何を感じているのか、どうありたいか。 ではないでしょうか? 順番ややり方、マニュアル的な進め方にこだわっているのなら、

ちょっと思考優位になっているかもしれません。



考えるな、感じろ。


↑ここに尽きると思う。 もしも、辛いな、苦しいな、と感じるのなら


休息を取ることが優先かもしれません。




スピリチュアル的な学びって、


自分自身の内側を見続けることなので


根を詰めてやり続けると、


真面目な人ほど辛くなると思います。



そんな時は、ちょっとだけ


距離を置くことも必要かもしれませんね。



苦しいなら無理して続けることないです。


途中リタイヤをしたとして、責めることでもありませんから。





カップの水はエネルギー(自分への愛)です。 エネルギーは天から途切れることなく降り注いでいます。

これは一人一人、欠けることなく、誰にでも。



このことだけは、変わることはありません。 欲張りな私は、 せっかくなら、自分のカップから溢れるくらい、


余すことなく受け取りたい!(笑) そんな風にゲームを楽しむ感覚で続けてます。 自分の人生です。 好きに生きていいと思いませんか?


スタエフでは自由に飾らずに、私なりの考えを話してます。


よかったら参考にしてください。


https://stand.fm/channels/5f6538f4f04555115dd2e113







閲覧数:15回0件のコメント

最新記事

すべて表示